単行本:7本指のピアニスト

¥2,120

入荷前の先行予約販売です

6月1日第一弾入荷予定

入荷次第、順次発送となります

価格:¥2,120(税込・送料込み)

商品カテゴリー: 商品タグ: , ,

説明

「一生ピアノは弾けない」医師の宣告、極貧の日々、自殺未遂。救いようのない状況のなかでも、決してあきらめなかった。そして、数々の奇跡が訪れる―。動かせる指が7本でも、ニューヨークで勝負し続けるピアニストの激動の半生。

内容紹介

病気のため両手合わせて7本しか指が動かない
NY在住のピアニストが起こしてきた数々の奇跡。
15歳から志して音大に入学、
医師から「一生ピアノは弾けない」との宣告を受けるが……。
「大人になっても絶対にピアノが弾ける方法」も紹介。

<目次>
【第1部】アメリカンドリーム
●遅いスタート
●音楽ならなんでもありの家庭環境
●今津先輩のピアノの衝撃
●楽譜が読めなかったブラスバンド部時代
●不純な動機でピアノを始める
●音大入学という不可能に挑戦
●猛練習の日々
●「聴音嫌~」
●コンプレックス
●練習してるのになぜ弾けない?
●チャンス到来
●質問の嵐が好機をもたらす
●無我夢中でこなした前座
●和菓子屋の店員に――ニューヨークへのスカウトが!?
●行ったらええやん!
●渡米に向けて準備
●夢のニューヨークに到着
●NYレッスンの洗礼1――テクニックより個性!?
●NYレッスンの洗礼2――派手な演奏からの脱皮
●NYレッスンの洗礼3――うしろまで響くピアニッシモ
●NYレッスンの洗礼4――抜き打ち演奏
●リンカーンセンターのサプライズ
●出場をためらう
●夢にまで見たニューヨークデビュー
●ニューヨークに引っ越し
●超一流ピアニストたちと会えた!
ほか

【第2部】どん底
●積み重なるプレッシャー
●またもコンプレックスの暗雲が
●わりばしが割れる
●じゃあ、さっさと日本に帰ったら?
●ジストニアの発症
●自殺未遂
●「一生勉強。一生青春」
●アメリカでジストニアの治療を受ける
●超貧乏時代
●職を転々とする
●貧乏ネタをきっかけに――スピーチコンテストで優勝
●もう一度舞台に立とうと思ったキッカケ

【第3部】再び夢へ
●ピアノ教師の職を得る
●マンハッタンで1人暮らし
●思い出深いアパートメントホテルの仕事
●『チューリップ』の演奏から得たヒラメキ
●ブラッドショー先生の死
●5本指で演奏できた!
●テクニックではなく、音色で勝負する
●大ピアニストにコンサート出演の直談判
●プロデューサーになる
●リンカーンセンターでオペラに出演
●ピアノの名門ブランドに飛び込み営業
●強気の交渉
●憧れのスタインウェイホールで復活
●母の死
●復活のきざし
●初心者にもプロにも効果的な練習法
●初の7本指演奏
●本場ヨーロッパからブラボーコール
ほか

  • 単行本: 216ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2015/4/20)
  • 言語: 日本語

 

【返品について】

製品の性質上、お客様の都合による返品・交換はお断りしています。

申し訳ありませんがあらかじめご了承ください。

当社の製造上の問題による商品の不具合や商品の間違いがあった場合には、製品到着後10日以内にご連絡ください、当社送料負担にて返品、交換させていただきます。

※商品の保管や梱包の為の結束痕、また微量な角曲がりなど、使用に耐えうる範囲の場合は、何卒ご容赦下さいますようお願い申し上げます。