西川悟平オフィシャルサイト

GOHEI NISHIKAWA

大阪府堺市生まれ。
ピアニスト。
JHC Foundation, Inc グリニッチ国際音楽院ディレクター。
米日財団会員。
15歳からピアノを始め、3年後にニューフィルハーモニー管弦楽団とピアノコンチェルトを共演。

1999年

巨匠・故ディヴィッド・ブラッドショー氏とコズモ・ブオーノ氏に認められ、ニューヨークへ招待される。

1999年 6月
リンカーンセンター・アリスタリーホールにてニューヨークデビュー。翌年より定期的にカーネギーホールにて演奏。
2001年
両手の演奏機能を完全に失い、ジストニアと診断される。5名の医者に不治の病と言われるが、リハビリにより少しずつ右手の機能と左手の指2本を快復させ、現在に至る。
2005年
ジュリアード音楽院元ピアノ 科主任教授オクサナ・ヤブロンスカヤ女史を JHC Foundation 主催のもと日本へ招き、演奏会をプロデュ-スする。
2008年
毎年イタリアで行われる「アレクサンダー&ブオーノ国際音楽フェスティバル」に招かれ、ヨーロッパデビュー。
2009年
ピアノ界の殿堂ニューヨークスタンウェイホールにてリサイタルを開催。同年、バンクーバーで行われた「国際障害者ピアノフェスティバル」で4位(クリスタル賞)を獲得。東京で行われた受賞者コンサートで、羽田元総理大臣より表彰状を授与する。
2012年
ニューヨーク市長公邸に招かれ演説と演奏をする。
2015年
6月自書「七本指のピアニスト」朝日新聞出版から出版。ニューヨーク紀伊国屋書店 和書部門1位。Amazon演奏家・指揮者・楽器部門1位。NY及び、六本木にて出版記念公演。10月フィラデルフィアで開催された国連創設70周年コンサートにてソロ演奏ヨーヨーマの姉、ヨウチョン・マと共演。11月NYチェルシー大聖堂でBe JAPON出演。12月ヨウチョン・マと再共演。
2016年
3月東京浜離宮ホールにて凱旋コンサートを行い大成功を収める。6月NHKEテレ「ハートネットTV」にて特集。好評につき再放送が3回される。11月日本武道館「AIのみんなが主役Night」にソロ出演&AIと「Story」を共演。 12月NYカーネギーホール大ホール公演「Harmony of Peace」にてソロ出演。定員2800席を超え、ステージに客席を作り、3200名以上動員し大好評を博す。
2017年
2月アメリカ・イギリスにて放映の番組(セントルイス局・チャンネル5)にて鬱病により自らの命を絶ってしまい、日本が大好きだった少年、リアム・ピッカー君(ミズーリ州)の生前の夢を、1500キロ以上離れているNY在住の西川悟平が叶えるという内容にて特集。米国メディアで話題となり、グラミー賞ノミネート。4月1日JAL羽田空港ーニューヨークJFK空港、直行便開通記念式典に出演、JFK空港にてソロ演奏。同月、パナソニックのCM出演。10月にはロンドンデビュー、ヨーロッパツアーを控え、世界で活躍。
2019年

第48回ベストドレッサー賞特別賞受賞